FC2ブログ

小市民の生活

天然記念物の私が、日々思った事や感じたことを長々もとい、細々と書く日記。                         そんなに長くない時もある。

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

道場長は大変 

昨日、拳正道の練習で、理由により年少の部より参加。

 

上海の社長には、ちゃんと訳を話し了承を頂きました。

本当なら、1年半?2年振りの再会なので、お食事等ご一緒する予定でしたが、

いつも電話で話すし、うちの関係会社ではないがそれに近い状態。

気が知れているので、快くOKしてくれました。

 

とはいえ、打ち合わせ中に晩飯何処行こうか?

そっか、けんさんは彼女とデートか???

等、思いっきり嘘八百並べてきましたけどね(苦笑)

 

で、打ち合わせも早めに終わり、上野のホテルまで送って17時。

道着持参でしたので、高速乗って家に戻らず道場へ。

18時8分 道場に到着。

道場長に次ぐ2番目でした(頑張った)
その後、道場生達も続々と集まりだし、もう1人の先生(K先生)も到着。

今日は、お仕事休みだったみたい?

 

年少の部は、K先生が基本をやることに。

私は、後ろから補佐してました。

K先生的には、私も前で…って言ってましたが、

前に二人も先生が居ては、(返ってみんな集中できないと思ったので)

後ろから見てます。とね………。()内は心の中で思ったこと

 

K先生、緊張しているのが手に取るように解りました。

基本突き、めちゃめちゃ駆け足で進めちゃうんです。

号令のテンポが速い速い。

私は、後ろから構えの形を直したり、手を出して的を作ってあげたりしていましたが、

ポンポン進んじゃうので、見れる子が少なくて…

でも、上は小学6年。下は、幼稚園の年長君???

ちゃんとやってます。

特に、年長君の子。

身体も柔らかいし、気合も十分。

将来が楽しみです。

級に分かれての練習では、白帯達を教えることに。

小学3年生と小学1年生&年長君の4人。

面白かったのは、小学3年生の子。

練習始まる前や終わった後には、私の事を呼び捨てにしていつも怒られているのに、

この時ばかりは、『先生』って言うんです(笑)

本来は、初めから言わないといけないのですが、これから習うんだ。

という気持ちの表れから、自然と呼んでいたんでしょうね。

 

4人とも、技はバッチリ。

いつでも試験できると思います。(緊張しなければ…)

言われた技が終わったら、

『先生、次○○やってもいい?』

って、次の技の名前を言うんです。

これには、私も驚きました。

じゃあ、さっきの技見せてくれるかな?

そしたら、ささっとやってのけます。

これまた驚きです。

そんなこんなで、時間が沢山余ってしまいました(^^;)

ですので、基本の突きやちょっと変わった蹴り等、楽しみながら教えていました。

 

そして、年少の部が終わりました。

 

一言、疲れました。

今まで、何回か途中から年少の部に参加してましたが、

スタート時からは初めて。

こんなに疲れるなんて思いませんでした。(約一月振りの道場ということもあるか…?)

 

 

で、一般の部。

K先生、『けんさん、大人は任せた。もうダメ』だって(苦笑)

なので、始めようと思ったら、K先生も前に居ます。

最初の礼だけかな?って思ったら、基本突きの時も前に居ます。

それに、いつも突き蹴り10本の所を、20本にしよう!!!と…

う~~~んと。。。

はい。そうしましょう。

ということで、20本でいきます(苦笑)

それに、ずっと隣に居らっしゃったので、どうにもやり辛い面がありました。

けど、途中から10本に変えました★

受けの時に、おかしな所があれば、ポイントを教えたり。。。

それなりにやれたと思うんですが…

どうにもダメですね。

自分もバリバリ緊張していましたもん(笑)

いつも、ここはこうなんだよ。こうするんだよ。

って言えるのに、前に出た途端上手く言葉が出てこない。

慣れ親しんだ道場でこんな状態じゃ、自分で道場開くなんて夢のまた夢だ。

 

一般も無事?終わり、K先生と疲労困憊。

1人じゃ絶対やれなかったと、感謝し合い終わりました。

 

道場長からは、

『これだけやってくれれば十分です。

 来週は、多分やれると思いますが、ダメな時はまたお願いしますね!』と…

 

道場長。お願いします!早く治してくださいね(苦笑)

スポンサーサイト



[edit]

trackback: --  /  comment: 4  /  拳正道